貰って嬉しいノベルティグッズ
2019年6月24日

ノベルティの効果を高めるには貰って嬉しいかを考える

会社のノベルティを取引先や展示会などで配布しているけど、どうも効果が見えてこないと嘆く企業の担当者の方もいるのではないでしょうか。

そのような広告効果などが表れてこない理由にはいくつかありますが、本当にターゲットがもらって嬉しいものをノベルティにしていないというのが最大の理由である可能性が高いです。あまり実用性の無いものでは使用してもらえない、かといってとにかく使ってもらおうとして無難なものを作ると印象に残らないなどというジレンマに陥ります。

ノベルティに求めるものは、実用性のあるものが良いという意見が圧倒的に多数のようですが、誰しもが思いつくようなボールペンや付箋などのメモ類、ポケットティッシュでは他社と差をつけることが難しいでしょう。そんな他社との差をつけ、ノベルティの宣伝効果を高めるためにはどのように相手が貰って嬉しいかということを知ればよいのでしょうか。まず、企業相手ならば相手の業態などを考え、一般顧客相手ならばターゲット層を絞りアンケート結果などを確認することです。

例えば、相手企業がIT企業であるといった場合には普段から使えるようなもので、あまり他の所が作らないようなもの、一般顧客であればその世代の一般的な生活スタイルなどを考慮してノベルティを製作する必要があります。また、貰って嬉しいものの条件にあまりかさばらないものという条件が入ってくることも多いです。せっかく貰っても机の上に置くとスペースを取る、家に持ち帰りづらいという点であまり良い印象を持たれない可能性もあるので、そのような点にも注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *